浅野幸長(あさのよしなが)

2015年12月18日

 幸長は、五奉行の一人浅野長政の嫡男。関ヶ原合戦の際には、甲斐府中城主の

父長政とともに東軍に属し、決戦当日は南宮山の毛利に備えました。

合戦後、その戦功により紀伊和歌山37万6千石を与えられました。

浅野幸長

お問い合わせ

垂井町観光協会