長束正家

2015年12月18日

近江水口城主であった長束正家は、関ヶ原合戦の年の6月、徳川家康が会津遠征に出発すると

まもなく水口城を出て大阪城に入り、次いで安国寺恵瓊とともに伊勢に出陣して阿濃津城攻めに加わりました。

9月1日の決戦では、南宮山麓に陣を敷きますが、石田三成の敗北を聞き、水口城に逃れました。

しかし、東軍の池田長吉に攻められ、9月30日、城を飛来で自害、その首は京都三条河原にさらされました。

長束正家

 

お問い合わせ

垂井町観光協会