吉川広家 陣跡 (不破高校 西)

2015年11月30日

ki.jpg

 吉川元春の三男で、主家毛利氏の人質として豊臣秀吉のもとに送られました。

関ヶ原合戦の際には、西軍に属し、南宮山に陣を敷きますが、敗北を予想し、主家の存続を第一に考えて東軍に内通、毛利秀元の参戦を阻止します。

合戦後も毛利家存続のために奔走しますが、広家の思惑ははずれ、毛利氏大幅に領土を削減されます。

広家は、周防など3万6千石の領主となり、岩国を本拠地としました。