平塚為広

2015年11月30日

 垂井城主の平塚為広は、豊臣秀吉の馬廻りとして活躍。関ヶ原合戦の際には、西軍に属し、越前敦賀の城主大谷吉継とともに戦いました。

吉継は、らい病に侵され、身動きもままならなかったため、軍勢の指揮を為広にまかせたといわれています。

小早川秀秋が西軍を裏切って大谷勢へ切り込むと、為広は十文字槍をふるって奮戦しますが、力尽きて山内一豊の家臣樫井太兵衛に討たれました。

後世、為広は、義を貫き勇をもって戦った武将として語り継がれています。

ひらつか.JPG

関連記事