九十九坊の石仏

2015年7月16日

  鎌倉時代には栗原山に99の僧坊を持つ久保寺双寺(くぼうじそうでら)があり、隆盛を誇っていたと伝えられています。建武2年(1335)の足利・新田両氏の戦いで焼失したという伝承があり、現在山腹から見つかる石仏、墓石を集めた九十九坊記念塔が山腹斜面に作られています。

 

p08 九十九坊の石仏.gif