南宮大社

2015年7月16日

金山彦命を主祭神に、旧国弊大社で美濃国一の宮として、また全国の鉱山、金属業の総本宮として、今も深い崇敬を集めています。社伝では神武天皇即位の年の創建とされ、慶長5年(1600)の関ヶ原合戦で社殿のすべてを焼失。寛永19年(1642)、三代将軍徳川家光が再建しました。広い境内には本殿、拝殿、楼門など、朱塗りの華麗な姿を並べ、江戸時代の神社様式の代表的な建築物15棟が、国の重要文化財に指定されています.年間を通じ大小50余の祭典が行われ、5月5日の例大祭、11月8日の金山祭(ふいご祭り)などの神事があります。 

 → 南宮大社ホームページ
 → 南宮大社 例大祭について

 

p01南宮大社.gif