表佐(おさ)太鼓踊り

2015年7月16日

「圧倒された大太鼓」.JPG

 

江戸時代初期、美濃中山の水神さんに雨乞いをし、願いがかなったお礼に太鼓、鉦鼓を鳴らして感謝したのが起こりです。

後に五穀豊穣の喜びを奉納するようになり、次第に農民の娯楽や若者の鍛錬のためとなって年々太鼓の大きさを競い合い、現在に至っています。

太鼓踊りは10月の第1日曜日に行われ、県無形民俗文化財に指定されています。

 

12.jpg

 

 


 

表佐太鼓踊りの由来

この宮の白砂のかかりは

先ずも見事

朱の玉垣 輝けり 輝けり
表佐太鼓

「この宮の白砂のかかりは 先ずも見事 朱の玉垣 輝けり 輝けり」の音頭に合わせて踊る表佐の太鼓踊りは、江戸時代初期(1683)のころ美濃の中山南宮大社に雨乞いをして太鼓を打ったのが始まりと言われる。
祈願のかいがあってご利生の雨に恵まれると、「礼踊り」と言って南宮大社や氏神に神恩に感謝して太鼓踊りを奉納したと伝えられている。

 雨を乞い祈る信仰は、世が泰平化した元禄のころから根強く芽生え、太鼓踊りと結びついて芸能化され広く西日本に伝承されていった。
 ここ西濃の穀倉地帯表佐の太鼓踊りは、若者の鍛錬と娯楽を兼ねた神事芸能としてその太鼓だけが著しく大きくなり今日に及んでいる。直径は1メートルから1、3メートル。重さが50キログラムから60キログラムあるこの大太鼓を腹につけ、音頭に合わせ踊りながら打つ様は実に勇壮である。
 元禄(1690)のころの作「築地」「元禄」と共に、今日継承している「笹の葉踊り」「金堀踊り」「貝吹踊り」「綾踊り」は嘉永(1850)ころまでに完成されている。真夏(8月)の夜には豊作を祈り、秋祭(10月)には豊年を称えて今もなお、老いも若きも和気あいあいと歌い踊る大太鼓の響が、里人の心を豊かに育んでいる。

 

04.佳作 「伝統継承」 後藤守忠.jpg 

 

【ポスター】2018年10月7日(日) 表佐太鼓踊り(PDF)

【リーフレット】 表佐太鼓踊り(PDF)

 

表佐太鼓踊り 動画ダイジェスト版 約1分 2.5MB

太鼓踊りの種類及び順序

一、打込み 表佐太鼓
二、築地(音頭の歌で踊る)・元禄(打鼓)・笹の葉踊り(音頭の歌で踊る)
三、金堀踊り(音頭の歌で踊る)・長(打鼓)
四、貝吹踊り(音頭の歌で踊る)・表佐(打鼓)
五、綾踊り(歌に合せ打鼓)
六、四十雀(打鼓)
とき 平成30年10月7日(日) 15時~  ※毎年10月第1日曜日
ところ 岐阜県垂井町表佐 表佐保育園園庭 (雨天の場合、表佐小学校体育館)
駐車場 無料20台

taiko03.jpg